SOA攻略:「アナムネシス」、クロウの使用感&個人的評価: youcanのエロゲネトゲーム
最近の記事

2018年01月21日

SOA攻略:「アナムネシス」、クロウの使用感&個人的評価

明けましておめでとうございます!!
本年もyoucanのエロゲネトゲームをよろしくお願いします!!
今年こそアフィリエイターになりたい!!!

IMG_0364.PNG

クロウ  アタッカー  双剣


タレント

オールマイティ=全体ATK+35%、アタッカーのみ+55%
SRFのカリスマ=全体背面攻撃時にクリ率+40%
錬磨の成果=3、5連携時にタロンピアスとトライザッパーのダメ+150、300%
ミスターパーフェクト=HPMAX時AP回復量+100%


ラッシュコンボ

フラッシュ・S・オルタナティブ

ATK3500%、消費AP-80%5秒間
双剣による美しい連撃からの最後にエクスクロー!!ナックラーの技をパクるスタイル
からのたった5秒間のはいぱーおちんちんタイムスタート

バトルスキル

デクストラル・エッジ AP14
シニストラル・エッジ AP14

名前と動く方向が違うだけで同じ技、デクの樹さまは右方向、死には左方向に踏み込み攻撃
威力もゲージ回収率も低いが全体モーションが非常に少なく、いい繋ぎ技と言える
これで上手く敵の背後に回りこんでバックスタブを!と言いたいところではありますが
正直これで周りこむくらいならさっさと回避なりで後ろに回りこんでザッパー絡みのコンボをした方がいいです
左右を間違えてフィールド上のゲロビに突っ込んだりすることもありますがご愛嬌
十分に事故に注意しましょう、使った後のぼったちAP回復移行はザッパーより早いので余裕があれば締めはこっちで
ダメージだすならこの2つをキャンセルして300%ザッパーなりに繋げましょう


タロン・ピアス AP20

左右の双剣で交互に突き刺す、クリーシュのツインスタッブと全く同じです
相変わらず連打性能はそれほど高くはありませんし、全体モーションも移動切りより長く
タレント効果で威力が伸びたところでわざわざピアスなんて使いません。と言うのが実情でしょう
スキルスタメン外れの第一候補、ゲージ回収もヒット数もザッパーには及びません
ただ移動が面倒な場合は左右のどっちかと入れ替えは出来ます、があまりおすすめはしません
クロウはいかにザッパーを多く撃つかというところが全てなのでピアスを撃つ余力はほぼありません
低速ラッシュゲージオーシャンになればもしかしたら輝くのかも、いやないか


トライ・ザッパー AP21

初代トライザッパー、クリーシュのパチモンと違って威力もヒット数も非常に優秀
近距離で放つと剣部分もあたり最高6hitするので、Lスキルでも密着連打が基本です
ただしもちろんLスキルなのでCAでの緊急回避にも使えるハイパー便利スキル
ゲージ回収力もクロウのスキル内では最高効率、ですが正直それでも現在のインフレゲージ速度オーシャンの中ではかなりきつく
もし一度でもボスの攻撃を食らってこけてしまうとクロードがハゲてしまうため
ほぼそこのゲージ遅れを取り戻すことが出来ず、レオンショタやエクスタシーレナスなどがいた場合
一人だけ遅れてしまう危険性もあるので、クロウを使うときはノーダメ立ち回りが基本だと思います
最悪遅れそうだと思ったら300%に拘らず150%でも連打する柔軟性が必要になるでしょう


総評

半端じゃなく腕に左右されるとても奥深い双剣バフアタッカーです
アタッカーのみとはいえATK+55%は現状最高の数値であり、いるだけでフュデキやアリューゼは喜びます
クロウ自身もその効果は勿論乗るため、平常時のザッパー連打のDPSは実はとんでもない
周りにアタッカーがいない場合、バフアタッカーにも関わらず最大ラッシュ火力になる場合もあるくらい
ATK+55%というのは実感できる効果があると思います

ただしその火力を発揮するためにはHPMAXを保ちクロードを保つ必要があります
こうしないとAP枯れるまでザッパー射精し終わった後、通常攻撃でAPが回収できないからです
クロウが強いのはクロードが発動している状態で、ゲージ回収をメインにすえる場合
通常→ザッパー→移動斬り→ザッパーダンスを枯れるまで→通常ワンセット→ザッパー→移動斬り→…
もしくは威力に重きを置くなら
通常→移動斬り右左→ザッパーダンスを枯れるまで→通常ワンセット→…
の流れが出来るからであり、クロードがないと途中の通常ワンセットでAPが50程度しか回復しないのです
こうなるとザッパーでテクノブレイクすることが出来ず、ほぼ確実にゲージマラソンに遅れます
現在のゲージ徒競争オーシャンではゲージが遅れる=弱キャラという方程式が成り立つので
その汚名を被らないためにもHPMAXを維持できる回避能力が必要であるということです

幸いなのはクロウのスキル自体の隙が非常に少ないので
よほどクソほど避けにくい技がなければそれほど事故ったりする性能でないことでしょう
あまり深追いせずミスターパーフェクトの名前通り冷静な動きを重視しましょう

色々と考えなければならないことが多いため、僕的には近接アタッカーの中で最高クラスに楽しいです
これくらい微妙に不便な部分がある方が操作していて緊張感があるというもの
皆さんもクロウのハチドリみたいな一生を体験してみませんか?
こういうと弱いように聞こえますけど明らかに恒常組の中ではトップクラスの能力ですからね?




この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

/i', $post->post_content, $matche_img); $first_img = $matche_img[1][0]; if(empty($first_img)){ /*画像が無かったら*/ $first_img = "https://youcanblog.up.seesaa.net/image/E383A8E3839FE383A7E382A6E382ABE383B3.png"; } return $first_img; } ?>
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。