SOA雑記:インフレに歯止めが掛からないアナムネシスに未来はあるのか: youcanのエロゲネトゲーム
最近の記事

2018年02月01日

SOA雑記:インフレに歯止めが掛からないアナムネシスに未来はあるのか

最近のSOAは防波堤が壊れたというのか、何か一枚超えてしまった感ありますね
ちょっと前、まあおおよそハロウィン前までは何としてでもインフレしすぎるのは止めなきゃ!
という意欲というか方向性が見え隠れしていたんですが
明らかに最近、そういった良心が消えかかっているのが気がかりです

露骨なのがラッシュ3500%の防壁を超えだしたことです
ちょっと前までは所謂フィニッシャー以外はこの3500%を超える数値を出さないようにしていました
これを超えてしまうともう誰が乞食フィニッシャーなのか区別が付かなくなってしまうからです
僕としてはこれは「覚醒システムの弊害」だと思っています
現在の覚醒キャラは大体、覚醒スキルによって素のラッシュ倍率に数が上乗せされているのです
シルメリアは3500%→4000%、フィデルに至っては3000%→4000%に
お気付きだとは思いますが、4000%こそが運営の新たな防壁となったのです

え?じゃあ新キャラも4000ばっかりだしインフレしてないじゃんと思うかもしれませんが
それは新キャラを手に入れる前提の話であり、所謂旧キャラには世界の次元が変わってしまったと言えます
3次元の生物が4次元の世界に対応できないようなものです
覚醒というシステムも「今この一瞬のインフレに適応出来る」ためのフォーチュンベイビーを生むだけで
今後更に進んでいくであろうインフレに対応できるものではないということが露呈した訳です
その遺伝子操作すら受けられない中期実装されたキャラ達にはただただ氷河期が来るだけなのです
コスプレ組のふざけたラッシュ4500%にデストラクションを遺伝子組み換えで植えつけられたアタッカーフェイトのイセリアルブラスト3500%が負けるのです
こんなに悲しいことはない

方向性としては高速で溜まりやすく援護やリジェネ撒きで便利なレイミや
高火力だがゲージクソ重水着ミュリアなどの方向性は非常にゲーム的で良かったのですが
今は早い・痛い・効果が嬉しいの3拍子揃っていないとやっていけないのはつらいところですね


あとはさらっといきますが、タレント系も明らかに酷くなってきました
分かってはいたんですよ、分かってはいたんですが
クロウの誇りであったATK55%がこうもたやすく覆されるとは恐れ入りました
おまけにゲージ徒競争も酷く、50m走予選で既に5.7秒台しかいないほどです
ここも恐らく今後更に早くなっていくでしょうから、世界にウサインボルトしかいなくなります


運営側もバカではないですから、インフレにしていくことのリスクは承知の上でしょう
逆に言えばそのリスクを追わなければサービスを継続していく収益を得られないとしたら?

古畑youcanでした。


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

/i', $post->post_content, $matche_img); $first_img = $matche_img[1][0]; if(empty($first_img)){ /*画像が無かったら*/ $first_img = "https://youcanblog.up.seesaa.net/image/E383A8E3839FE383A7E382A6E382ABE383B3.png"; } return $first_img; } ?>
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。